PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 解約手数料0円【あしたでんき】 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル

 
 
 

neo

Les Miroirs obscures / NEO

薄暗い鏡 [ミロワール・オプスキュール]
 〔1979 - 198〕

ヌーヴェル・エディシオン・オズワルド社 (パリ)
     ネオ・ポラール

【概説】
1978年、ピエール=ジャン・オズワルド氏[1931-2000]が夫人のエレヌさんと共同で始めた出版社がNEO(新オズワルド出版社)でした。オズワルド氏は1960年に現代詩雑誌「アクシオン・ポエティーク」を創刊、マックス・ジャコブやパヴェーゼなどの紹介、さらにアルジェリア現代詩の紹介を進めています。オズワルド氏のもうひとつの関心が大衆文学で、1979年には新たに動き始めたジャンル文学の動きを追うように「薄暗い鏡」と題されたコレクションを開設、記念すべき第1弾は鬼才ハワード・ファーストの最高傑作『堕ちた天使』でした。13.5×21,5cmのフォーマット。全作品の装丁を担当しているのはイラストレーターのジャン=クロード・クレイ氏(HP)。連番1〜15の表紙上部には「推理/スパイ/サスペンス」の文字がありましたが、16番以降は「緊迫した/不遜な/謎めいた」に置き換えられています。  
ハワード・ファスト、ロバート・ブロック、フレドリック・ブラウンなど、フランソワ・グェリフがレッド・ラベル〜初期リヴァージュ・ノワールで公刊していた作家と若干傾向がかぶっています。一方それと別に英米圏古典(コナン・ドイルやジョン・ディクスン・カー、ロイ・ヴィカーズ、エドガー・ウォーレス)、仏ノワール古典(レオ・マレ最初期作品の再刊)、さらに「ネオ・ポラール」と呼ばれた1979年以後の仏系新型ミステリ作家(ファジャルディ、マルク・ヴィラール)、異形作家(シニアック)を取り込む形で射程を広げていきました。
ファジャルディ作品にヴォートラン、ウールリッチ作品にマンシェットなど、旧作再刊では著名作家に後書きを依頼、裏表紙の出来栄えを含め「エディット」のきめ細かさが光っています。10年かけて150冊強を公刊。財政破綻でNEO社倒産後、ピエール=ジャン・オズワルドは別出版社(第八芸術社)を創設するも2000年秋に癌で病没。エレヌさんはこの後ベル・レトル社のキャビネ・ノワールに携わるなど亡き夫の遺志を継いでいきます。

【作品】
『堕ちた天使』
ハワード・ファースト著
『力の家』
ジョン・バカン著
『 赤い右手』 ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ著
1: L'ange déchu
(Fallen Angel, 1952)
/ Howard Fast
[1979]
2: La centrale d'énergie
(The Power-House, 1916)
/ John Buchan
[1979]
3: La sinistre main droite
(The Red Right Hand, 1945) / J.T. Rogers
[1979]

『ナツメグの味』
ジョン・コリア著
『死を呼ぶペルシュロン』
ジョン・フランクリン・バーディン著
『殺人プロット』
フレドリック・ブラウン著
4: Un rien de muscade
(The Touch Of Nutmeg, 1949) / John Collier
[1979]
5: La mort en grands sabots
(The Deadly Percheron, 1947) / J.F. Bardin
[1980]
6: Tuer pour passer le temps
(Murder Can Be Found, 1948) / Fredric Brown
[1980]

『ガラスの檻』
コリン・ウィルソン 著
『大時計』
ケネス・フィアリング著
『幽霊に似て』
ジョルジュ=ジャン・アルノー著
 
7: La cage de verre
(The Glass Cage, 1966)
/ Colin Wilson
[1980]
8: Le grand horloger
(The Big Clock, 1946)
/ Kenneth Fearing
[1980]
9: Tel un fantome(1966)
/ Georges-Jean Arnaud
[1980]

『昏睡&だって鳥たちが死ぬから』
フレデリック・ダール著
『狼の耳をつかんで』
フレデリック=H・ファジャルディ著
『マンハッタンの悪夢』
トマス・ウォルシュ著
10: Coma(1959) - Puisque les oiseaux meurent(1960)
/ Frédéric Dard
[1980]
11: Le loup par les oreilles
/ Frédéric H. Fajardie
[1980]
12: Midi gare centrale
(Nightmare In Manhattan, 1950) / Thomas Walsh
[1980]

『球形の食屍鬼ほか短編集』
フレドリック・ブラウン著
『第八の地獄』
スタンリイ・エリン著
『気もそぞろにさせる物語たち』
フレデリック・ダール
13: Une nuit à la morgues
/ Fredric Brown
[1980]
14: Le huitième cercle de l'enfer
(The Eight Circle, 1959)
/ Stanley Ellin
[1980]
15: Histoires deconcertantes
/ Frédéric Dard
[1980]

『悪夢氏』
ピエール・シニアック著
『やさしい死神』
フレドリック・ブラウン著
『怠け者の天才』
ピエール・シニアック
16: Monsieur cauchemar(1960)
/ Pierre Siniac
[1980]
17: La bête de misé ricorde
(The Lenient Beast, 1956)
/ Fredric Brown
[1980]
18: La câline inspirée
/ Pierre Siniac
[1981]

『街では殺人という他短編集』
コーネル・ウールリッチ著
『新年に死を』
パトリック・カンタン著
『大理石の森』
テオ・デュラント著
19: Un tramway nommé mort / William Irish
[1981]
20: A mort l'an neuf !
/ Patrick Quentin
[1981]
21: La forêt de marbre
(The Marble Forest, 1957)
/ Théo Durrant
[1981]

『かまきりごっこ』
ナンシー・ラトリッジ著
『悪夢の五日間ほか短編集』
フレドリック・ブラウン著
『歩道に血を流して』
エヴァン・ハンター著
22: La mante religieuse
(The Praying Mantis, 1947)
/ Nancy Rutledge
[1981]
23: 120 heures de cauchemar
/ Fredric Brown
[1981]
24: Le sang sur le trottoir
/ Ed McBain
[1981]

『青い大理石』
ドロシー・B・ヒューズ著
『殺人解剖学ほか短編集
ドナルド・E・ウェストレイク著
『一番の親友を消す方法』
ピエール・シニアック
25: La boule bleue
(The So Blue Marble, 1940)
/ Dorothy B. Hughes [1981]
26: Pièces détachées
/ Donald Westlake
[1981]
27: Comment tuer son meilleur copain
/ Pierre Siniac
[1981]

『クリーンスウィープ』
デヴィッド・グラハム著
『1パーセントの理論』
フレデリック=H・ファジャルディ
『ジョニー・メタル』
レオ・マレ著
28: Opération balai
(Cleansweep, 1965)
/ David Graham
[1981]
29: La théorie du 1 %
/ Frédéric H. Fajardie
[1981]
30: Johnny Métal (1941)
/ Léo Malet
[1981]

『黒いカーテン』
コーネル・ウールリッチ
『長靴を履いた猫の夜』
フレデリック=H・ファジャルディ
『チャンドラー嬢危機一髪&二重の事件』
レオ・マレ著
31: Retour à Tillary Street
(The Black Curtain, 1941)
/ William Irish
[1982]
32: La nuit des chats bottés(1979)
/ Frédéric H. Fajardie
[1982]
33: Miss Chandler est en danger (1946) / Affaire double(1948)
/ Léo Malet
[1982]

『ソック・フィニッシュほか短編集
ロバート・ブロック著
『九一三号室の謎ほか短編集
コーネル・ウールリッチ
『謎のギャング団』
レオ・マレ著
34: La scène finale / Robert Bloch
[1982]
35: Le mystère de la chambre 813
/ William Irish
[1982]
36: Le gang mystérieux(1952) / Aux mains des réducteurs de tetes (1945)
/ Léo Malet
[1982]

『ひとりで歩く女』
ヘレン・マクロイ著
『翡翠骰子』
レオ・マレ著
『リュジュ・アンフェルマン工場長になる』
ピエール・シニアック
37: La vierge au sac d'or
(She Walks Alone, 1948)
/ Helen McCloy
[1982]
38: Johnny Métal et le dé de jade(1947)
/ Léo Malet
[1982]
39: Luj Inferman' ou Macadam-Clodo
/ Pierre Siniac
[1982]

『囁く影』
ジョン・ディクスン・カー著
『殺人容疑』
レオ・マレ著
『迷宮課事件簿1』
ロイ・ヴィカーズ著
40: Celui qui murmure
(He Who Whispers, 1946)
/ John Dickson Carr
[1982]
41: Recherché pour meurtre (1948)
/ Léo Malet
[1982]
42: Un si beau crime
(Department Of Dead Ends/1)
/ Roy Vickers
[1982]

『ボーリング場殺人事件』
レオ・マレ著
『死が二人をわかつまで』
ジョン・ディクスン・カー著
『禁じられた都市&ガス工場の先に』
レオ・マレ著
43: Mort au bowling(1952)
/ Léo Malet
[1982]
44: A la vie... à la mort
(Till Dead Do Us Part, 1942) / John Dickson Carr
[1982]
45: Cité interdite(1950) / Derrière l'usine à gaz (1941) / Léo Malet
[1982]

『郊外旅館&青封筒』
レオ・マレ著
迷宮課事件簿2
ロイ・ヴィカーズ著
『細き髪』
ハワード・ ブラウン著
46: L'auberge de banlieue(1945) / L'enveloppe bleue (1941)
/ Léo Malet
[1982]
47: L'ennemi intime
(Departement Of Dead Ends/2) / Roy Vickers
[1982]
48: Ni vu ni connu
(Thin Hair, 1953)
/ Howard Browne
[1982]

『第五の指紋&宛先違い』
レオ・マレ著
『ジム・リッキングは死んだ』
レオ・マレ著
『息切れ』
フレデリック=H・ファジャルディ
49: La cinquième empreinte(1945)
Erreur de destinataire de / Léo Malet
[1982]
50: La mort de Jim Licking (1942) / Léo Malet
[1982]
51: Le souffle court
/ Frédéric H. Fajardie
[1982]

迷宮課事件簿3
ロイ・ヴィカーズ著
『九つの答』
ジョン・ディクスン・カー著
迷宮課事件簿4
ロイ・ヴィカーズ著
52: Le cercle fermé
(Department Of Dead Ends/3) / Roy Vickers
[1982]
53: Les neuf mauvaises reponses(The Nine Wrong Answers, 1952)
/ John Dickson Carr
[1982]
54: Le mort au bras levé
(Department Of Dead Ends/4) / Roy Vickers
[1982]

『芸術家人生』
マルク・ヴィラール著
『爬虫館殺人事件』
ジョン・ディクスン・カー著
『星撃』
ロバート・ブロック著
 
55: La vie d'artiste
/ Marc Villard
[1982]
56: Il n'aurait pas tué Patience (He Wouldn’t Kill Patience, 1944)
/ John Dickson Carr
[1983]
57: Etoiles filantes
(Shooting Star, 1958)
/ Robert Bloch
[1983]

『猛犬にご注意ほか短編集
フレドリック・ブラウン著
『血の栄光』
ジョン・エヴァンズ著
『五つの箱の死』
ジョン・ディクスン・カー著
58: Attention, chien gentil !
/ Fredric Brown
[1983]
59: Tous les chemins mènent au cimetière
(Halo In Blood, 1946)
/ John Evans
[1983]
60: Ils étaient quatre à table (Death In Five Boxes, 1941)
/ John Dickson Carr
[1983]

『ろくでなし』
ロバート・ブロック著
『いとしのシルヴィア』
ハワード・ファースト
『死の旅路』
ドロシー・B・ヒューズ著
61: Le temps mort
(The Dead Beat, 1960) / Robert Bloch
[1983]
62: Sylvia (Sylvia, 1960)
/ Howard Fast
[1983]
63: Voyage sans fin
(Dread Journey, 1945)
Dorothy B. Hughes
[1983]

『火刑法廷』
ジョン・ディクスン・カー著
『水晶丘』
フレデリック=H・ファジャルディ
『エラリー・クイーンの冒険』
エラリー・クイーン著
64: La chambre ardente
(The Burning Court, 1937)
/ John Dickson Carr
[1983]
65: La colline de cristal / Frédéric H. Fajardie
[1983]
66: Les aventures d'Ellery Queen (1937)
/ Ellery Queen
[1983]

『真鍮の栄光』
ジョン・エヴァンズ著
『皇帝のかぎ煙草入れ』
ジョン・ディクスン・カー著
『見えない蜘蛛の巣』
シャーロット・アームストロング著
67: Mortes damnées
(Halo In Brass, 1949)
/ John Evans
[1983]
68: Un coup sur la tabatière (The Emperor’s Snuff-Box, 1942)
/ John Dickson Carr
[1983]
69: ... et merci pour le chocolat (The Chocolate Cobweb, 1948)
/ Charlotte Armstrong
[1983]

『赤い花嫁』
エルヴェ・ジャウアン著
『わが子は殺人者』
パトリック・クェンティン著
『通りの野生児』
マルク・ヴィラール著
70: La mariée rouge (1979) / Hervé Jaouen
[1983]
71: C'est ma faute
(My Sun, The Murderer, 1954) / Patrick Quentin
[1983]
72: Sauvages dans les rues / Marc Villard
[1983]

『青銅ランプの呪』
ジョン・ディクスン・カー著
『罪なき者を探せ』
ロイ・ヴィカーズ著
『悪魔の栄光』
ジョン・エヴァンス著
73: L'habit fait le moine
(Lord Of The Sorcerers, 1945) / John Dickson Carr
[1983]
74: Cherchez l'innocent
(Find The Innocent, 1959)
/ Roy Vickers
[1983]
75: Une auréole pour Satan (Halo In Hell, 1948)
/ John Evans
[1983]

『警官殺し』
フレデリック=H・ファジャルディ
『幽霊は死なず他短編集
エド・マクベイン著
『新エラリー・クイーンの冒険』
エラリー・クイーン著
76: Tueurs de flics(1979)
/ Frédéric H. Fajardie
[1984]
77: Dur à mourir
/ Ed McBain
[1984]
78: Le dragon creux
/ Ellery Queen
[1984]

『ヴェルフラージュ殺人事件』
ロイ・ヴィカーズ著
『うつろな龍ほか短編集
エラリー・クイーン
『殺す者と殺される者』
ヘレン・ マクロイ著
79: Et la servante est rousse (Maid To Murder ou Murdering Mr Velfrage, 1950) / Roy Vickers
[1984]
80: Le cheval de Troie
/ Ellery Queen
[1984]
81: Le bourreau et la victime (The Slayer And The Slain, 1957)
/ Helen McCloy
[1984]

『悪童ロナルド』
ジャック・ヴァンス著
『ささやかな不幸の沼地』
フレデリック=H・ファジャルディ
『緋色の研究』
コナン・ドイル著
82: Méchant garçon
(Bad Ronald, 1973)
/ Jack Vance
[1984]
83: La Mare du petit malheur
/ Frédéric H. Fajardie
[1984]
84: Une étude en rouge(A Study In Scarlet, 1887)Sir / Arthur Conan Doyle
[1984]

『虹の先で』
フレデリック=H・ファジャルディ
『四つの署名』
コナン・ドイル著
『放火魔』
ロバート・ブロック著
85: Au-dessus de l'arc-en-ciel / Frédéric H. Fajardie
[1984]
86: Le signe des quatre
(The Sign Of The Four, 1890)
/ Sir Arthur Conan Doyle
[1984]
87: L'incendiaire (Firebug, 1961) / Robert Bloch
[1984]

『犯罪王モリアーティの生還』
ジョン・ガードナー著
『ザ・スカーフ』
ロバート・ブロック著
『エディ神父の子供たち』
ピエール・シニアック
88: Le retour de Moriarty
(The Return Of Moriarty, 1974)
/ John Gardner
[1984]
89: L'écharpe
(The Scarf, 1947)
/ Robert Bloch
[1984]
90: Les enfants du père Eddy / Pierre Siniac
[1984]

『外の暗闇ほか短編集
ヘレン・マクロイ著
『煙を成す男』
フレデリック=H・ファジャルディ
『ウィンストン事件』
ハワード・ファースト著
91: Une poignée de main avec la mort
/ Helen McCloy
[1984]
92: Le faiseur de nuées
/ Frédéric H. Fajardie
[1984]
93: Cour martiale(The Winston Affair, 1959) / Howard Fast
[1984]

『最後の大ロマン主義者』
ジョゼフ・ペリゴ著
『真夜中を過ぎて』
ジョゼフ・ヘイズ著
『スピークイージー』
フレデリック=H・ファジャルディ
94: Le dernier des grands romantiques
/ Joseph Périgot
[1984]
95: Crime contre la montre
(The Hours After Midnight, 1958) / Joseph Hayes
[1985]
96: Speakeasy
/ Frédéric H. Fajardie
[1985]

『緑の目の野獣』
サックス・ローマー著
『壁の元で』
マルク・ヴィラール著
『真夏の夜の悪夢』
ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ著
97: La déesse aux yeux verts (The Green Eyes Of The Beast, 1920)
/ Sax Rohmer
[1985]
98: Au pied du mur
/ Marc Villard
[1985]
99: Cauchemar d'une nuit d'été / J. T. Rogers
[1985]

『スター・ストーカー』
ロバート・ブロック著
『第17の手紙』
ドロシー・カメロン・ディズニー
『ミリー』
ハワード・ファースト
100: Le crépuscule des stars
(The Star-Stalker, 1968)
/ Robert Bloch
[1985]
101: La dix-septième lettre (The Seventeenth Letter, 1945)
/ Dorothy Cameron Disney
[1985]
102: Millie (Millie, 1973)
/ Howard Fast
[1985]

『消え去った者』
ヘレン・マクロイ著
『トッド調書』
コリア・ヤング著
『おひまなペネロープ』
ハワード・ファースト
103: Celui qui s'échappa
(The One That Got Away, 1945) / Helen McCloy
[1985]
104: L'étrange affaire Todd
(The Todd Dossier, 1969)
/ Collier Young
[1985]
105: Pénélope (Penelope, 1965) / Howard Fast
[1985]

『街うさぎは死んだ』
フレデリック=H・ファジャルディ
『シンシア』
ハワード・ファースト
『シャーロック・ホームズの優雅な生活』 モリー・ハードウィック著
106: Mort d'un lapin urbain
/ Frédéric H. Fajardie
[1985]
107: Cynthia (Cynthia, 1968) / Howard Fast
[1985]
108: La vie privée de Sherlock Holmes (The Private Life Of Sherlock Holmes, 1970)
/ Michael et Mollie Hardwick
[1985]

『手斧が首を切りにきた』
フレドリック・ブラウン著
『正義の四人』
エドガー・ウォーレス著
『フルートとマシンガンによる協奏曲』 フレドリック・ブラウン著
109/110: La chandelle et la hache (Here Comes A Candle, 1950)
/ Fredric Brown
[1985]
111: Les quatre justiciers
(The Four Just Men, 1905)
/ Edgar Wallace
[1985]
112: Concerto pour flûte et mitrailleuse
/ Fredric Brown
[1985]

『アリス』
ハワード・ファースト
『冷肉』
ピエール・シニアック
『霧の壁』
フレドリック・ブラウン著
113: Alice (Alice, 1963) / Howard Fast
[1985]
114: Viande froide
/ Pierre Siniac
[1985]
115: Qui a tué grand-maman ? (We All Killed Grand’ma, 1952)
/ Fredric Brown
[1985]

『北の星雲』
フレデリック=H・ファジャルディ
『現金を捜せ!』
フレドリック・ブラウン著
『我が友、死よ』
ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ著
116: La nébuleuse du Nord
/ Frédéric H. Fajardie
[1985]
117: Maboul de cristal
(Madball, 1953)
/ Fredric Brown
[1986]
118: Mon amie la mort
(My Friend Death, 1949)
/ J. T. Rogers
[1986]

『緑の射手』
エドガー・ウォーレス著
『サリー』
ハワード・ファースト
『殺人ハンドブック他短編集』
フレドリック・ブラウン著
119: L'archer vert
(The Green Archer, 1923)
/ Edgar Wallace
[1986]
120: Sally (Sally, 1967)
/ Howard Fast
[1986]
121: Homicide mode d'emploi / Fredric Brown
[1986]

『復讐するサマンサ』
ハワード・ファースト
『若い野獣たち』
エド・マクベイン著
『殺人は木曜日に他短編集』
フレドリック・ブラウン著
122: Samantha (Samantha, 1967) / Howard Fast [1986] 123: Le temps du châtiment (A Matter Of Conviction, 1959)
/ Ed McBain
[1986]
124: Trente cadavres tous les jeudis
/ Fredric Brown
[1986]

『銃を諦めた暗殺者』
ハワード・ファースト
『どちらさまですか?』
ヘレン・マクロイ著
『三人のこびと』
フレドリック・ブラウン著
125: Un tueur récalcitrant
(The Assassin Who Gave Up His Gun, 1969)
/ Howard Fast
[1986]
126: Qui est à l'appareil ?
(Who’s Calling, 1942)
/ Helen McCloy
[1986]
127: Le fantôme du chimpanzé
(The Dead Ringer, 1948)
/ Fredric Brown
[1986]

『深夜コール』
シャーロット・アームストロング著
『死者の歌』
フレドリック・ブラウン著
『カエル仲間える』
エドガー・ウォーレス著
128: Appel de nuit
/ Charlotte Armstrong
[1986]
129: Le chant des damnés
/ Fredric Brown
[1986]
130: La marque de la grenouille (The Fellowship Of / The Frog, 1925)
Edgar Wallace
[1986]

『明るい明日に』
フレデリック=H・ファジャルディ
『三匹のめくらの鼠ほか短編集』
フレドリック・ブラウン著
『緑青』
エドガー・ウォーレス著
131: Des lendemains enchanteurs
/ Fréderic H. Fajardie
[1986]
132: Les cadavres ne font pas de cinquième colomne
/ Fredric Brown
[1986]
133: La rouille mystérieuse
(The Green Rust, 1919)
/ Edgar Wallace
[1987]

『青い夜のメロディー』
フレデリック=H・ファジャルディ
『13人のドラマチック・カウボーイ』
マルク・ヴィラール著
『ヴァレリーの誘惑』
ハリー・ホイッティングトン著
134: Mélodie bleue nuit
/ Frédéric H. Fajardie
[1987]
135: 13 cow-boys dramatiques / Marc Villard
[1987]
136: Valérie
(Temptations Of Valerie, 1957) / Harry Whittington
[1987]

『黄色い蛇』
エドガー・ウォーレス
『狙撃手(スナイパー)』
フレデリック=H・ファジャルディ
『透明暗殺者』
サックス・ローマー著
137: Le serpent jaune
(The Yellow Snake, 1926)
/ Edgar Wallace
[1987]
138: Sniper(1981)
/ Frédéric H. Fajardie
[1987]
139: L'invisible assassin
(Quest Of The Sacred Slipper, 1919)
/ Sax Rohmer
[1987]

『ガソリン台風』
ジャン・ヴォートラン著
『ダフォルディル事件』
エドガー・ウォーレス著
『ホームズ博物館』
J・ボドゥ著
140: Typhon-Gazoline (1979)
/ Jean Vautrin
[1987]
141: Le mystère des jonquilles (The Daffodil Mystery, 1920)
/ Edgar Wallace
[1987]
142: Le musée de l'Holmes
/ J. Baudou et P. Gayot
[1987]

『ヴァンパイア・クラブ(悪魔を愛せ)』
ピエール・シニアック
『サイコ2』
ロバ−ト・ブロック著
『イヴの島』
エドガー・ウォーレス著
143: Vampir's club(1980)
/ Pierre Siniac
[1988]
144/145: Psychose 2
(Psycho II, 1982)
/ Robert Bloch
[1988]
146: L'île d'Eve
(Captain Tatham Of Tatham Island, 1909)
/ Edgar Wallace
[1988]

『サムシング・ブルー』
シャーロット・アームストロング著
『誘拐魔』
ロバート・ブロック著
『正義の四人の法律』
エドガー・ウォーレス著
147: Quelque chose de bleu
(Something Blue, 1962)
/ Charlotte Armstrong
[1988]
148: Autopsie d'un kidnapping
(The Kidnapper, 1954)
/ Robert Bloch
[1988]
149: La loi des quatre
(The Law Of The Four Just Men, 1921)
/ Edgar Wallace
[1988]

『優しく、ファティ!』
フレデリック=H・ファジャルディ
『ウエスト・エンドの恐怖』
ニコラス・メイヤー著
『殺意の記憶』
ロバート・ブロック著
150: Gentil Faty(1981)
/ Frédéric H. Fajardie
[1988]
151/152 :L’Horreur du West End (The West End Horror, 1976)
/ Nicolas Meyer
[1989]
153 : L’Eventreur
(The Will To Kill, 1954)
/ Robert Bloch
[1989]

『ケイト・プラス・テン』
エドガー・ウォーレス著
   
   
154 : Le Mystere du train d’or
(Kate Plus Ten, 1919)
/ Edgar Wallace [1989]
   
 

【最終更新】 2010-01-23
Photo : "Voici le temps des assassins" / Julien Duvivier, 1955
] Noirs [ - フランスのもう一つの文学 by Luj, 2008 - 2010