〔ル・ソヴィエト 4〕
魔法使いベルリン
コロネル・ドゥルッティ著

〔初版〕 1997年
ガリマール社(パリ)
叢書 セリ・ノワール 2470番

Berlin l'enchanteur (Le Soviet 4) / Colonel Durruti
-Paris: Editions Gallimard.
-(Série noire; 2470).
-18 × 11cm. -1997.

   

 統合を果たした新ドイツの首都でル・ソヴィエトが暗躍を始めていた。通りの中央で工夫たちがベルリンの壁の再建を始めていた。「『薄紫』という映画の撮影に使うそうでさぁ」
 ベルリン警察のクライン警視が苦い顔をしていた。壁に埋められている3人の男が発見されている。頭と手足をコンクリートから突き出して助けを求めていた。コンクリ−トを崩して助け出そうとしたが…「駄目です。罠になってます」。
 既に2人が死亡。事件はTVで大きく取り上げられていた。クライン警視はフランスに連絡をいれパリ市警のルフェーヴルの協力を仰ぐ。独仏の協力でテロリスト網の封じこめにかかる。
 犯行声明を送ったFAXを特定(ル・ソヴィエトとは全く関係ない大学教授宅からFAXされていたが)。目撃者の情報でル・ソヴィエトのメンバーの隠れ場所を発見。ヘルムシュテッター通りの銃撃戦で警官2人とテロリスト1人が死亡する…
 ル・ソヴィエト連作の第4部。話の骨格は第1部の『卑怯な輩は殺してしまえ』と同じで目新しさはないのですが、舞台を国外に設定したのが上手く効いています。細かな時事ネタ(クルド問題、ネオナチ・・・)の使い方も面白いのではないかと思います。

Photo : "The Doorway To Hell" / Archie Mayo, 1930
] Noirs [ - フランスのもう一つの文学 by Luj, 2008 - 2010

楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] ECナビでポインと Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 解約手数料0円【あしたでんき】 海外旅行保険が無料! 海外ホテル