死者の部屋
〔2005年〕

フランク・ティリエ著
     猟奇スリラー、連続誘拐事件
地方主義(ダンケルク)

ル・パサージュ社 (パリ/ニューヨーク)

La Chambre des Morts / Franck Thilliez
- Paris-New York : Editions Le Passage.
-313p. -2005.

【あらすじ】
フランス北部、立ち並ぶ風力発電機の羽がクルクルと回っていた。
車に衝撃が走る。「何か轢いたよ。動物?」。不安げな顔のヴィゴ。車をバックさせていく。獣ではなかった。スポーツバッグを手にした男の死体が一つ。シルヴァンはバッグを開けてみる。紙幣の束が詰まっていた。シルヴァンとヴィゴは相談の上、死体を放置し金を山分けすることに決める。スポーツバッグの紙幣が身代金だったとは知らなかった。誘拐犯が二人の姿を見ていたことも。  
医者であるキュナールの娘が誘拐された。医者は身代金を運んでいったがその後轢死体で見つかっている。風力発電機の近く、死体となった少女が発見されていた。ダンケルク警察が調査に乗り出していく。  
少女を殺した犯人は手袋をしていなかった。手の跡が残っている。しかし・・・指紋がなかった。少女の胃に残っていた狼の体毛、人形のように置かれていた死体の配置・・・謎が深まっていく中で第二の連絡が届く。「ダンケルクの路上で13歳の少女が行方不明になったそうです」  

【講評】
05年に発表されたティリエの第2長篇。面白さが口コミであちこちに伝わり、マイナー出版社としては異例のヒットとなった一作。  
スティーヴン・キングなどの英語圏サスペンスに影響を強く受けており、その意味ではグランジェやマキシム・シャタムとも近い質感。この二人に比べるとノワール風な雰囲気が強く、ノワール/サスペンス/謎解き愛好家いずれもに評価されたのがヒットの原因でしょうか。結末が地味なのが惜しいですが新人離れした語り口は期待大。  

【最終更新】 2009-06-16
Photo : "Brute Force" / Jules Dassin, 1947
] Noirs [ - フランスのもう一つの文学 by Luj, 2008 - 2010

テレワークならECナビ Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル