テレワークならECナビ Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル


 
 
 

 Gianni Pirozzi

ジャンニ・ピロッジ
 〔1968 - 〕

     【本名】 ジアンニ・セガロッティ
Gianni Segalotti
     【活動叢書】リヴァージュ・ノワール

【略歴】
 1968年ブルターニュ地方のサン・ブリウ生まれ。  
 90年代末からブルターニュ拠点のカルチャー雑誌「電子眼(ローユ・エレクトロニーク)」の記者として活躍。映画評論、ミステリー作家のインタビューなどを掲載。この時期にイタリア人亡命作家チェーザレ・バティスティや叢書監修者のフランソワ・グェリフ、批評家クロード・メスプレッド氏らとの接点が築かれています。一方で足しげく東欧圏(チェコ、アルバニア)に通い、幾つかの旅行見聞記を残しています。
 00年前後に花盛りだったブルターニュ・ミステリ大流行に足並みを合わせるように01年作家デビュー(5つ年上のお兄さん、ブルーノ・セガロッティ氏も同時期ミステリ作家としてデビューしています)。この『ジプシー殺し」が同年のSNCF新人賞を獲得し、全国区で名を上げていきます。2作目からリヴァージュ社に移籍。仏ノワールの新しい中心となりつつある60年代後半〜70年代前半生まれ作家(カリル・フェレ、マルクス・マルト、D.O.A.…)の一人として動きが注目されています。

【諸データ】
 私の記憶が正しかったとすると、最初の連絡はインタビューをしたいという話だった。実際のところ、語るべきものを山ほど抱えこんでいたのは彼の方だったのであり、それはすぐに見て取れた。結果はすぐにやってくる。全てが『ジプシー殺し』に含まれている。この本物の小説には色々なものが詰めこまれている。鳴り物入りでの登場と相成った。
『ジプシー殺し』序文
チェーザレ・バティスティ

 SNC文学賞の審判員がこの長編に賞を与えるたのは快挙といえよう。魅力的な筆致、その上紋切型にも陥らず、英語風の言い回しを多用することもなしに流浪の民(ロム、チガニー、ジタン…)の生態系、さらに彼らが犠牲となっている迫害の幾つかを描き出していく。同様にこの書物は幼児虐待とそれがもたらす後遺症にも焦点が置かれている。暴力度の高い登場人物が巧みに描出されているだけにハードである。独創的で豊かなデビュー作である。
『ジプシー殺し』書評
モヴェ・ジャンル掲載
クロード・メスプレッド 

【長編小説】

ジプシー殺し

ジャンニ・ピロッジ著


〔初版〕 2001年
クープ・ブレイズ社(スペゼ)

Romicide / Gianni Pirozzi
-Spézet: Edition et Diffusion Coop-Breizh.
-153p. -22×15.5cm. -2001.


ホテル・ヨーロッパ

ジャンニ・ピロッジ著


[初版] 2004年
リヴァージュ社 (パリ)
叢書 リヴァージュ・ノワール 498番

Hôtel Europe / Gianni Pirozzi
-Paris : Editions Payot & Rivages.
-(Rivages/Noir; 498).
-284p. -11 × 17cm. -2004.


2009

ジプシーの街で

ジャンニ・ピロッジ著


[初版] 2009年
リヴァージュ社 (パリ)
叢書 リヴァージュ・ノワール 756番

Le Quartier de la Fabrique / Gianni Pirozzi
-Paris : Editions Payot & Rivages.
-(Rivages/Noir; 756).
-351p. -11 × 17cm. -2009.

 

【最終更新】 2009-07-07
Photo : "Un Témoin dans la ville" / Edouard Molinaro, 1959
] Noirs [ - フランスのもう一つの文学 by Luj, 2008 - 2010